時計を付けていない人って・・・

私は、なんとなく腕時計を付けていない人を見ると少し残念な気持ちになってしまう。特にその人の人間性を疑っているとかいうような意味があるのではないけれど、時計を付けていない人を見ると、その人の時間観念に少し疑問を持ってしまうのである。

最近は、スマホで時間を管理しているという人も少なくはない。そちらの方が大多数だといってしまってもいいかもしれない。でも、私はそういう人たちを見ると、悲しくなってしまうのだ。

腕時計というのは、私たちを時間に縛り付けるものだ。普段からそれを付けている私が言うのも変なのかもしれないが、その束縛感が窮屈に感じられてしまうことがないわけではない。けれど、時計というのは同時に、私たちを自由にしてくれるものでもあると思う。

よく聞く話ではあるが、自由というのはそれ自体では存在しえない。制限があって初めて、自由というのもは存在しうる。つまり、時間的な自由は、時間というものの制約があって初めて成立するということだ。一日は二十四時間。そういう制約があって、初めてその中で私たちは自由を手にすることができる。

腕時計は、時間を厳しく管理する代わりに、その合間に自由をしっかりと見せてくれる。ここからここまでは自由だぞ、ということをわかりやすく見せてくれる。だから、その中で私は楽しもうとする。精一杯の自由を味わおうとする。

だから、私は毎日腕時計を身に着ける。そこに初めて見える自由に、安心感を覚えているのだろう。
その安心感というものを知らない人たちを見ると、だから私は、少し悲しく、思えてしまうのだろうと思う。

鼻の下の産毛を脱毛したい

鼻の下の産毛を脱毛したいです。子供の頃から鼻の下に産毛が生えていて、色黒だったので目立ちはしませんでしたが、思春期頃から気になりだして、その頃から剃って産毛を処理するようになりました。

最初に剃った時はつるつるになって綺麗な見た目になったので、喜んでいましたが、数日経って鏡を見てみるとまた産毛が生えてきていました。

しかも、今度生えてきた産毛は、以前生えていた産毛よりも濃くて黒くなっていました。剃ったことにより濃くなってしまったのだと思いますが、それがショックで、それからは週に1、2回のペースで剃り続けています。

そして、鼻の下の産毛を剃ったのと同時にフェイスラインや顎に生えていた産毛も剃ってしまったので、フェイスラインと顎の産毛も気になっています。

剃ってしまったことで、顔まわりの毛が気になりますし、顎に至っては太い毛が2、3本生えてきてしまいました。それに気づいたのはよりによっても同僚に指摘されてからでした。私は恥ずかしさと情けなさで本当に泣きそうでした。

今は生えているのを見つけたら毛抜きで抜いています。幸い、人からは見えにくい場所だったので、不幸中の幸いでしたが、いつ何時また産毛や毛が生えているよと指摘されるかと思うと怖くてたまりません。

冬場はマスクをしたり防寒具があるので隠したりできますが、春夏は隠すこともできないので気が抜けません。産毛を剃ったあとは、なんとなく肌色が悪く、青髭があるように見えてしまうので、それを隠そうと化粧が濃くなっています。

ついファンデーションが厚塗りになってしまって、隠そうとしてしまうので、メイクを落とすのも一苦労ですし、肌荒れが酷くなってしまうときもあります。

脱色や除毛、産毛に効くローションなどを試してみましたが、どれも効果がなくて、効果があったとしても数日で産毛が生えてきてしまうので、これなら、手っ取り早く顔まわりの脱毛をして、綺麗にした方が良いのではと考えています。

私は和歌山市内に住んでいるので、和歌山市の脱毛サロンを調べていますよ。友達におすすめされたサイトがランキングになって良い感じでした(^^)/

早くカウンセリングに行ってみようと思います。